どうも、お久しぶりです。
久々に復帰してこのタイトルだと、まるで吹く方から聴く方に転向したかのようだ(笑)
大丈夫、私は今も楽器吹きとして活動中だ。
…相変わらずトロンボーンパートに出向中の身ではあるが。

今回は、SACD(スーパーオーディオCD)に興味を持った私が、それに対応したプレーヤーを捜し求める話。
SACDとは、簡単に言えば、我々が普段聞いているCDの音源に対して、より元音に近い音を再生できるCDである。
同じCDメディアでも規格が異なるため、専用のプレーヤーが必要になるわけだ。
うっかりオーディオ雑誌を読んでしまった私だったが、まずその値段に絶望する羽目に(笑)
アンプやらスピーカーやらとなると、気が遠い…。

しかし、さらに調査した結果、比較的安価にSACD音源を楽しむ方法を発見する。
それは、SACD再生対応のブルーレイディスクプレーヤーを入手すること。
手元にBDプレーヤーが無いので、私にとっては一石二鳥である。
狙ったのは、Pioneer の製品。だが、狙った型式がメーカー直販サイトでは在庫切れ。
急遽、近くの電気屋2件を調査することとなった。

まずは、Y電機に突撃。だが、店頭にその型式が展示されていない…。
とりあえず店員さんに聞いてみる。だが、どうも応対が良くない。
しかも、取り寄せだから割引できないという始末…駄目だこりゃ(笑)
次に、K 電気に突撃。実は、こっちが本命。
前日の調査により、店頭に1台だけあることが分かっている。
頼む、残っていてくれ…あった!
心を落ち着けて、店員さんと対峙。なぜならば…値引きという死闘を演じるためだ(笑)
もちろん、Y電機で提示された値段を言うのも忘れない。
電卓の動きを見る限り、店員さんも相当苦悩したようだが…おかげで値札より2割近く割引してもらった。
(ちなみに、ケーブルが足りなくなったのでK電気には3日連続で乗り込む羽目になった…。)

次は、音源の用意だ。手元のCDを調べてみたところ、SACD形式の音源は無かった。
そこで、Amazonの出番である(笑)
音源については、私が読んだ雑誌でも触れられていたので、早速入手。
そのタイトルは『Pure』。
詳しくは書かないが、一部の好事家のみならず、本格のオーディオマニアをも唸らせた代物らしい。
だが、ジャケットが…好みが分かれるデザインとなっている(笑)
その出自を考慮すれば致し方ない部分ではあるのだが…。

早速聴いてみる。効果を体感するためには、高級なオーディオシステムが必要かと思われたが…私の適当オーディオシステムでも十分に違いは感じられた。
説明が難しい感覚ではあるが、一言で言えば、普段の音から角が取れた感じの音になっている。
これでこそ…衝動買いした価値があるというもの(笑)
他の音源も楽しみだ。実は…まだ手元にBDソフトが無かったりするしな。

ちなみに、現在の私のAV機器構成は以下のとおり。もっとも、本格の方々から見ればオーディオシステムとは呼べない代物ではあると思うが(笑)

○プレーヤー
 ・自作PC(一応静音タイプ)+ iTunes
 ・Pioneer Blu-ray Disc PLAYER BDP-160-k(←新規追加)
○スピーカー(?)
 ・BOSE Wave Music System
○ヘッドホン
 ・PHONON SMB-02 DS-DAC EDITION
○モニター(TV)
 ・SHARP LC-24K7

アンプが無いとか、USB-DACが無いとか突っ込まないでほしい(笑)
あと、ケーブル類は Victor・JVC で統一してある。(書く必要があるか微妙だ…。)